今年も風俗で年初め

希望的観測でもOKでしょう

風俗に対してだけは希望的観測を持つのはOKかなって思っています(笑)仕事では無責任な希望的観測を持つのは危険をはらむじゃないですか(笑)リスクヘッジがなっていないとか上司から物凄い勢いで怒られるので、大丈夫だろうって思っていても神妙な顔をしていますし、間違っても「何とかなりますよ」みたいなことは言いませんけど、風俗ではそれもありなんじゃないのかなと(笑)別に希望的観測を持ったところであれこれ言われるようなものではないですし、好きなように楽しめればそれで十分じゃないですか。それに風俗がどんな展開になるのかは実際に女の子とあってみないと分からないですしね。ある程度予想するために、ホームページや口コミなど、情報を調べられるコンテンツで調べてチェックするってことだと思うんですけど、そこに希望的観測を持つのは別に悪いことではないですしね。だから自分のように能天気な人間は、風俗の世界観にマッチしていると思いますね。

ギャルは外れなしですね

一つの定説を導きました。それは風俗ではギャルがいいなと(笑)正直、風俗以外では別にギャルに対してそそられるってことはないんです。嫌いではないですけど特別目が行くってこともありません。ただ風俗だけは別です。ギャルの勝率は100%と言っても過言ではありません。ギャル系風俗嬢への信頼感はかなり高くなっていますけど、その理由はやっぱり単純な理屈というか、ギャルは物おじしないし人見知りもしないんです。勢いがあるじゃないですか。ノリも良いので初対面でも何ら問題ありません。つまり、こちらが気を遣うようなことはほとんどないんですよ。人見知りする風俗嬢もそれはそれで可愛いんですけど、どちらがお客なんだろうって思うくらいこっちが気を遣わなければならない時もあるじゃないですか。でもギャル系風俗嬢はその攻撃的な見た目に反して実は風俗嬢としての適性がとても高いんですよ。だから任せておけばそれだけでとりあえずは満足出来るんです。